業者に任せると安心

男性

危険を伴う作業もあります

壁に設置してあるエアコンの取り外しはドライバーさえあれば簡単にできると考えがちですが、また新たに取り付けたり、廃棄する場合でも取り外しだけでない手間や作業が必要になるので業者を利用するようにしてください。まずエアコンを取り外した後に別の家に取りつけることを考えると、エアコン内に冷媒ガスを確実に閉じこめなければ外部に漏れてしまい、エアコンの能力が下がってしまいます。また冷媒ガスが外に漏れてしまうと環境に悪影響を与えてしまいます。電源コードやホースの長さは別のところに取りつける場合、全く同じ長さになることはありませんので調整も必要になり、自分で取りつけるのはほぼ不可能です。室外機は重いものになり、高い所での作業もありえますので作業中の事故の恐れもあるためエアコンの取り付けは業者に任せるようにしてください。取り外したエアコンを廃棄する場合も自分で作業を行うべきではありません。エアコンのコンプレッサーは誤った作業をしてしまうと破裂して、ケガや住宅設備を傷つけてしまうことがあります。またエアコンを処分するには、ただ廃棄するだけでなく、リサイクルに必要な費用を支払わなければいけません。家電量販店や地域の電気店などに持っていき、費用を支払えば引き取ってもらうことがでいますが、重い物の運搬や手間、結局費用がかかることを考えても自分で取り外すことはせずに業者に任せて、そのまま引き取ってもらった方が良いでしょう。